OGAL PROJECTオガールプロジェクトとは

オガールプロジェクトとは

目指しているもの

オガールプロジェクト(岩手県紫波町)は、
都市と農村の新しい結びつきを創造します。
「暮らす、働く、学ぶ、集う、
憩う、楽しむ」・・・・・・
新しく豊かで魅力的な持続的に発展する街を目指します。

オガールの名前の由来

紫波中央駅前(紫波の未来を創造する出発駅とする決意)と
フランス語で駅を意味する「Gare」(ガール)

紫波の方言で【成長】を意味する【おがる】

このエリアを出発点として、紫波が
持続的に成長していく願いを込めました。

概要とスケジュール

紫波町は、JR紫波中央駅前の町有地10.7haを中心とした都市整備を図るため、町民や民間企業の意見を伺い、平成21年3月に議会の議決を経て紫波町公民連携基本計画を策定しました。この基本計画に基づき、平成21年度から紫波中央駅前都市整備事業(オガールプロジェクト)が始まっています。

  • 平成19年 4月公民連携の推進に関する学校法人東洋大学と紫波町との協定書締結
  • 8月紫波町PPP可能性調査報告書(東洋大学大学院公民連携専攻作成)
  • 平成21年 2月紫波町公民連携基本計画策定
  • 3月都市再生整備事業(紫波中央駅前地区)策定
  • 6月オガール紫波株式会社設立
  • 6月紫波町オガール・デザイン会議設置
  • 平成22年 3月オガール・デザインガイドライン策定
  • 平成23年 4月岩手県フットボールセンター 開場
  • 平成24年 6月官民複合施設オガールプラザ オープン
  • 8月紫波町図書館 開館(オガールプラザ内)
  • 平成25年 10月オガールタウン日詰二十一区 宅地分譲開始
  • 平成26年 6月エネルギーステーション 完成
  • 7月民間複合施設オガールベース オープン
  • 平成27年 5月紫波町役場新庁舎 開庁
  • 平成28年 12月民間複合施設オガールセンター オープン予定
  • 平成29年 4月(仮称)紫波中央駅前保育所 開所予定

プロジェクト経過

オガールセンター整備事業の安全祈願祭及び起工式を執り行いました。

e95fbff04016695ab5b56619721d3ebc-1024x512 b2915a15f8edf060df289146a3e06794-1024x341

 

平成28年4月22日(金)、オガールセンター整備事業の安全祈願祭及び起工式を執り行いました。

オガールセンターは、小児科クリニック・病児保育施設、ヘアーサロン、アウトドアショップ、ベーカリーカフェ、スポーツジム、英会話教室、教育支援施設、集合住宅などが入居する複合施設であり、平成28年12月から順次オープン予定です。

今後も、オガールプロジェクトをよろしくお願いいたします。

会社概要

オガール紫波株式会社

〒028-3318
紫波郡紫波町紫波中央駅前二丁目3番地3
TEL:019-681-1316
FAX:019-681-1318

お問合せ